新着のお知らせ

2018-06-28 11:41:00
 2018-06-28 11.48.22.png

6月30日(土) 7月6日(金)に2階湯川クリニック院長の講座が開催されます。


テーマは「統合医療と波動療法」

以下、院長より今回の講座についてメッセージです。



私は長年、ごく普通の医師として働いていました。

ですが現在、私のクリニックで行なっている治療は、病院と聞いて浮かべる治療のイメージとは随分異なっています。

それは、30代の頃、あることをきっかけに「統合医療」の道を追究し始め、それを実践しようと考えたからです。



統合医療とは何かと言いますと・・・

例えば、腰痛の患者さんがいたとしましょう。この患者さんが最初に受診するのは、整形外科と思います。

レントゲンやMRIを撮影し、手術や抗生物質投与などが必要な疾患であるかどうかを診てもらう必要はあります。

 しかし、それらの治療が不要な腰痛であった場合、整形外科での治療は痛み止めの処方などが主な治療となります。

そのような患者さんに西洋医学以外の治療システム(代替医療)が大いに役立ちます。

鍼灸で気の流れを整える、

カイロプラクティックで骨や筋肉の歪みを正す、

足からのアプローチ(足の環境を整えることで、腰椎のバランスを改善する)

などが有効な場合もあると思いますし、

心理的なことが原因だと、波動療法などが有効なこともあるでしょう。

このように、西洋医学だけにこだわらず、その患者さんに適すると思われるアプローチをしていくことが、統合医療のやり方です。逆に、代替医療ではうまく治療できないけれど、西洋医学では実績があるということもたくさんあります。

それぞれの長所短所を見極め、個々の患者さんに応じて組み合わせていくのが統合医療です。

 

とてもいいと思いませんか?

しかし、今の日本では、それぞれの良さが活かし合えていないのです。

その理由についても、講座でお話したいと思います。

 

そして、私が統合医療に至るまでの道のりの中で、見てきたもの、ぶつかった壁、そして現在、ここで行っている治療(波動療法)についても、お話します。

 波動療法についてわかれば、治療の結果が出やすい人と出にくい人がいる理由、についてもわかるでしょう。

現在クリニックに通われている方も、よくわからないけど気になる!という方も、是非ご参加下さい。

小人数制なので、疑問や質問にもお答えできると思います。

講座内容
・統合医療とは?波動療法とは?
・日本で統合医療が広がっていかない理由
・このような医療を学び始めたきっかけ
・結果が出る患者さん、なかなか出ない患者さんの違い
・湯川クリニックで波動療法を治療の中心とした理由 など


講座の時間などについてはこちらをご覧ください。

お問い合わせ・お申し込みは

087-813-8270(火〜土 10時〜17時)

wawa@mx52.tiki.ne.jp